Hatena Motesugi

Hatenaを探せ!

道♪

こどもが産まれてからミートボールやハンバーグを買うことは無くなりました。先生の投稿を見てミートボールやハンバーグが安全だと分かりました。いやいや…それ逆だから。添加物の不安を煽る系の大先生が盛りに盛った後に、これは素晴らしいと商品紹介する。実にアホくさい。加工肉がいいわけないだろ。そこに払う金があるなら、他に買うべき食品はある。先日の僕のセミナーに参加してくれた若い女性が帰りがけに言ってくれたひと言がある。先生、わたし数年間キッチンに立っていないのです。今日、お茶や出汁を頂いて料理の大切さが分かりました。そうなんですね。少しずつ料理を作ってみればいい。外食や中食が中心なら腸内環境を整えることを考えたらいい。そんな話をしました。せっかく子育て、食育の際に調理を学んだ人が、また加工食品の方向に引き戻されてします。何が食品ジャーナリストだ。何が無添加無化調無農薬だよ。無能な人間の戯言ほど迷惑な話はない。自称食品ジャーナリスト、自称料理研究家。これがチヤホヤされるのは日本が平和であり食の安全が徹底されているからなのだが…

時代♪

極論が正論と化す時代なんだと悔しいけど思う。人の命を引き合いに出し感情を巻き込んで問題提起されたら行政側は対処できないだろう。それを飲み込み後に多くの犠牲が出たとしても、市民の民意を反映させた結果という事ならば仕方ないだろう。無添加無化調無農薬。ここを語る3バカ無能人種の身勝手な投稿が痛過ぎる。あなた方は組織で人を導き決断を下したことはあるか?何かの取り組みで失敗した時に他人の責任にしてないか?と問いたい。自分の信じる道を行く。ここは素晴らしい。この考えを推し進めるために、自らが成功し、周りを巻き込み、責任を持って周りを支えて意見するなら分かります。素晴らしいと思いますよ。ただ、論点のすり替えと机上の空論で大義を語るな!自分の器の先には、問題山積で多くの人が苦しんだ案件があることを少しでも理解しなさい。小さな成功の積み重ねが認められることに繋がります。あなたのその政治観は自分だけ生きれれば良い。自分と友達が豊かになればいい。結局は後の紛争を巻き起こす種をまいている行動に過ぎません。農業をすることは素晴らしいことです。そこを否定しているわけではありませんよ。少なくとも自称環境活動家より貴方は素晴らしい人だと思います。

情報の質♪

食の安全安心の話をする際に必ず加工食品の話が出てくる。しかも15年以上前の話をいまさら引き出す人たちばかりで業界関係者は苦笑いだろう。残念ながら消費者は加工された過去の話が大好きなのです。現役の人たちが一般消費者に情報を出すことは極めて少ない。ただもっとも大切なことは、情報も鮮度なのです。食品流通の業界は勢力図も含め刻々と変わるもの。どうすれば豊かな食生活を送ることができるのか?答えは簡単です。情報を発信する人が本当に豊かな食生活を送っているのか?ということなのです。OKの創業者が上場をやめ、地域の皆様に利益を還元すると宣言したのが78歳の頃。近年OKが評価されているが飯田会長は93歳でいまだに店舗に対して指示を出す現役の経営者だ。肉を食べよう。歳をとっても肉を食べましょう。お魚もいいですね。そんな飯田会長は単なる安売りを推したわけではなく生鮮3品を大切に扱ったのです。いま OKについてキチンと文章を書けるライターもいない。フリーライター、フリーのジャーナリストという人たちはごみ箱をあさり適当に文字を書くに過ぎない。

女性と汚金♪

女性って怖いわ。浮気されたら慰謝料ガッツリもらって離婚して…とか、あーカネなんだなぁと。こーいう痛いおばさんが食や健康、美容やビジネスを語ると本当に悲しくなってくる。金がある経営者はたくさんいた。女好きの人もいた。ただ彼らは、素敵な女性たちと綺麗に付き合っていた。この話は浮気や一夫多妻制を薦めるとか、愛があればいいの!みたいな話ではない。企業間競争において、相手を追い詰めるやり方は確かにある。血の結束もある。僕らの世界では、あなたがやめようと言うまでは付き合いますよ。地獄の果てまで付き合いますよ!ってのはある。地獄を一回見て見ましょうか?周りが逃げても僕は最期まで付き合いますよ!ってのがある。慰謝料ガッツリとか、カネが欲しいなら、最初からカネを貰う契約を結べばいい話だ。くだらねーなー。美魔女って自分で言うなよ。金は水だから掴めないものだ。それと同時に、女性の美は水なんだから、あんたは腐る水しか得ることができないんだよ。

売場を潰す人たち♪

食品販売の現場、仕入れや製造の現場で思うことがある。人すなわち人間の問題です。小売の現場で売場を潰すのは従業員であり、従業員も末端の能力の低い割りに声がデカイおばさんに問題がある場合が多い。有能な若い人材を潰すのもこの手の腐ったパートの場合が多い。そこをなんとかするのが中堅の管理職だが、これまた給料泥棒の無能な社員である場合がほとんどです。この手のスーパーマーケットの客層がまた悪い。結局は汚客がスーパーマーケットを(小売店)を潰しているということなのです。生産の現場は高齢化の現実は避けて通ることはできない。また品質の良い原料が手に入らない現状がある。ここをどう支えるのかが流通関係者の仕事なのです。無添加無化調無農薬を叫ぶ人。まぁお客の要望はわかりますが、裏面おじさん、裏面おばさんは生産の現場や流通に携わる人に対して失礼極まりない事を平気で言います。来なさい。こちらに。そして死ぬ気で働け。あなたがその正義感で現場を変えてみなさい。高齢化やギリギリの生活を続け事業を続けてきた人たちが、いままでありがとう、世話になったね。ここで区切りをつけるよ。そう言う人を引き留めることは僕にはできない。品質を追い求め、誰もが幸せになることを考えるのが流通に携わる人の仕事だと思います。それがきちんとわかる人たちと関わりたいと思います。

an☆an☆an☆

起業しちゃった系の人がお友達ビジネスを語る際に必ず言う事がある。友達だから安くやって。友達だからタダでやって。そこを否定して友達からお金を取りに行こうとする。企画書、まぁイラストとかパッケージデザインでもいいや、A案B案と作って提案するには2つデザインを起こすから時間を含めて倍の費用がかかると正論っぽく言う。違いますよ。仕事なんてものは、そこを見るのです。A案B案そして、あなたの頭の中にあるC案。そこで初めて仕事をするという事なのです。優秀な依頼者はA案B案そしてC案と、さらにその先の可能性を見ます。競争社会を普通に生き残れない人が起業するなんて、なかなか難しいことですよ。ある程度までは行けるかもしれませんが、必ず大きなミスをした際に他人の責任にするのが、この手の人たちです。ドラえもんの歌。案案案とっても大好きってのはビジネスマンに大切なことですね。

良いスーパーとは♪

あのスーパーに行けばアレがある。アレはあのスーパーにしか無い。これがいいスーパーの条件です。生鮮3品をきちんと選び抜いて店頭に並べ、定番はお客様の声に応えること。当たり前のことを普通におこなうスーパーが理想的なスーパーマーケットです。