Hatena Motesugi

Hatenaを探せ!

買わなきゃ損⁉︎

売り手の売り文句に買わなきゃ損だよ!

今が買い時だよ!

ってのがある

買わなきゃ損…って考え方は本当はない

買ったらお得だよ!

ってのはある

モノ売りは仕入れなければならない

お客様が得すること

すなわち笑顔で食卓を囲むこと

その為に仕入れを起こす

買わなきゃ損する

買わない奴は後悔する(させる)

そのような考え方は商道に反するもの

店を構える者ならば

近くにあって良かったわ

これが正しい

いつ行っても売り切れで疲れちゃうわ

…ではない

だから仕入れを起こす者は

需要と供給を考えて仕入れを起こす

買い手が生産者を叩くこともない

生産者が買い手に良いものを出さない事もない

売買とは常につり合いがとれている

買いたい時が買い時ということ

 

 

悪意なき馬鹿につける薬はない♪

中部の老舗百貨店

生活雑器の本場にある旗艦店でのセミナー。

モニターに流れる映像の後に妄想おばさんが語りだす。

二年前に撮られた映像。

その会社はすでにない。

当時は社員研修を行い店員に販売知識もあった。

いまは情報の継ぎ接ぎで繋ぎに妄想が入っている。

馬鹿が発信する情報をモノを知らない馬鹿が拡散する。

馬鹿につける薬はない。

取材協力を受けた方がいつも言うことがある。

もう嫌だ。

俺はそんなことは言ってない。

よくわかります。

売らんが為の無茶振りに本人の脳が麻痺している。

金に毒された人たちに本当にいいものが渡るはずはない。

 

 

いいことしてる詐欺♪

SNSを中心にいいことしてる詐欺が多い。不安を煽るだけ煽り意識高い系の人を集め無償で奉仕させて最終的に搾取する。農地が荒れることは悪であり僕たち私たちはいいことをしている。特に自然農とか持ち出して世の中を変えたいとかいいだす。まず農を業として考える場合。人件費は壁です。しかしどこまで行っても人件費の話はつきまといます。手伝ってくれる人募集します。とか…おい!お前!それ本気か!なら自分で全てやれ!自分が必死でやってこそ周りが自然にあなたを応援するものだ。甘いんだよ!その甘ったれた生き方が今の仕事だろ!一度逃げたら逃げ癖がつく。でかい口を叩くんじゃねーよ!…とコレくらい気合い入ってなきゃ…みんなゴメンなさいって言って逃げ出すからチカラを貸す必要はありませんよ。冷静に考えてね。一緒に泣いてほしい彷徨える鴨ちゃんたち。

免罪符ビジネス♪

意識高い系が叫ぶこと。そこを操る不安ビジネス。免罪符ビジネスが多過ぎる。免罪符ビジネスはビンボー人がターゲットです。払えるギリギリを狙うのです。腹いっぱい食べることができる人には腹いっぱい食べるから病気になる。ゴミみたいなモノを食べるから病気になる。食べものについて正しい食材を知りなさい。無農薬の野菜。平飼いの卵。こだわりの油や塩。でも良く考えてみなさい。市価の5倍10倍するこだわりの品も所詮安い原料です。セレブはそんなん喰わんから…背伸びする人が一番カモリ安いのです。だからパンなんだよ。塩なんだよ。油なんだよ。卵なんだよ。金持ちがそれらにこだわってますって言うか?言わないでしょう。鏡を見な。今の自分は不安に煽られ死相が出てないかい?化粧を決めても…イメージしたくない私になってないかい?免罪符を求めてもあなたは変わらない。まずは何が満たされていないのか?これを突き止めなきゃスタートラインにすらつけないよ。

都内のスーパーを見て♪

食品スーパーの苦戦がよく解る。真ん中が無い。安いに振るか?思い切って上に振るか?どちらに振っても待ち受ける問題点は品質が安定しない。数量がない。高品質スーパーを語ればその程度かと言われる。我慢して買い続ける客などいない。ただし高品質スーパーの名前に憧れる客をアテにするならば話は解る。しかしその様な客はいいお客様にはならない。

戦争と食♪

人が真面目に食について語ればやたらと戦争になる。みんな何にも解ってないという人がいる。目覚めているのに目覚めよ!って本を配る人たちと変わらない。戦争になるというが戦争にはすでになっている。ここが日本だから感じないだけだ。そして日本は飽食だから感じない。スーパーもコンビニも外食産業も食で溢れている。意識高い系の人たちは汚染された食べ物で食べるモノがないというがある意味正しい。ただし行動が伴わない所が痛い。自分で自給自足している人は正しいだろう。都会に欲しいものがなく高いお金を払ってもこだわりの品が欲しいという人がいる。田舎には普通にあるものを。この考えが食の戦争の話になる。実際に日本が戦争に巻き込まれた際物流は麻痺する。都会は一瞬で終わる。そこでさてどうするか?って話になる。どんなに地方に知り合いを作っても食糧の輸送をどうするか?って話になる。いますでに戦争になってると考えて行動するともしもの時に少しは役に立つだろう。

栄養学×スピ

医食同源という言葉があるように食に関心がある人たちが多い。栄養学を学びその先にスピに行く人がこれまた多い。結局は見つけれなければスピに行く。先にも後にもスピが残る。